傷跡

にきび改善に向けて

ニキビは1回できてしまうと、無意気に触ってしまい
それがどんどん広がったり悪化したりしてしまうということも多いです。


特に自己流のニキビ治療をしたりしていると、どうしても気になって
潰したりしてしまいます。

潰す事はなくても、様子見を続けている中でどんどん悪化していってしまい、
何とか治ったものの凸凹としたクレーター状の皮膚になってしまうことがあります。

このような傷跡を治療していくのは本当に大変です。

自信を取り戻す

一番いいのはニキビ治療の段階でこうしたニキビ跡を作らないように
早急の治療を進めていくことです。

クレーターにまでならなくても、薄っすらと赤みや茶色みを帯びたような
色素沈着を起こしたりもします。

 

こうなってしまうと自宅のスキンケアなどでの改善はあまり効果が
なくなってきますので、最終的には医療機関でレーザー治療などを
利用してニキビ跡を治したりします。

色素沈着

これらの治療法は保険適用外でかなり高額にはなりますが、
やはり効果が違うということと、治ったあとの気分の明るさが
それまでとは大きく変わり、自分に自信を取り戻したという方も多いです。

治療に踏み切るのにも勇気と費用が必要ですが、何よりニキビ跡は
目立ってしまいますので、出来てしまうと気持ちを沈ませて、
かなり生活の質を下げてしまいます。

しっかりと早めに治すことを心がけて、跡を作らないようにしましょう。

^